2002年10月の日記


勇者のマーチ(ん?)
アクセス数についで、掲示板のカキコも増えている♪
う〜〜ん、嬉しいねぇ〜。(^^)
皆さん、本当にありがとうございます〜♪


「勇者の故郷」と「馬車のマーチ」のつなぎが上手くいかん!(死)
クラとフルートのソロの間がフェルマータのせいで一瞬GP状態になるんだけど、
ここの間が短すぎて変になってしまう。
だからもう少しテンポを落とそうと思ったんだけど、もうすでに最低値。(死)
しょうがないからこれは、次のフレーズまで16小節分くらい間を空けて、
ここで時間をかせぐしかないかな〜〜〜。
で、始まりを微妙に遅くすればOK。

あとは、この部分はアーティキュレーションがすごく難しい。
テンポが遅いから、少しでも手を抜くとすぐに粗が目立ってしまう。


う〜〜ん、もうちょっと手直しが必要だなぁ・・・。
2002年10月1日(火) No.408

ストリーム!
「勇者の故郷」が上手くいか〜〜ん!
これじゃ、いつまで経っても「馬車のマーチ」に進めないよ〜〜。(死)

弦のレガートのバランスに、もう3日も悩んでるよ・・・。
う〜〜ん、もう少しNRPNを大胆に動かすかな。


今後、ストリームをASXに完全移行しようと思ってるんだけど、
MidRadioのようにプレイヤを別表示させる方法が、どうも上手くいかん。(死)
オブジェクトコマンドでプレイヤに飛ばす方法もあるんだけど、
これだとなぜか一緒にブラウザにフレーム作ってプレイヤを表示してしまう。

だれか、プレイヤだけ表示させる方法教えて〜〜〜!(死)
(ブラウザの新表示はイヤ。(笑))
2002年10月2日(水) No.407

エンベローブ
再びトランペットの音に苦戦中。(死)
パートEQは2バンドだし、エンベローブも3種類しか設定出来ないから、
本質的な音の再現はやはり難しい。
特にN響のCDはどちらかというとゲシュトップのホルンのような響きなので、
音源の音色とはかなり違う波形になっている。
しかし、基本倍音などはやはりトランペットの形なので、他の似た音色でやるのも難しい。

う〜〜ん、どうにかならんかなぁ・・・。

さて、続きを始めるかな?
2002年10月3日(木) No.406

今日はヒマだった。(笑)
MIDIもトランペットの音色のせいで進まないし、
なんか終始ボーっとしてるし、今日は鬱な日だった。(死)

まぁ、明日はOFFだし、パーっと気を晴らすかな!


イギリスのあるWEBサイトで、
「世界で最もおもしろいジョーク」なんてものを募集してたらしい。

訪問者に好きなジョークを投票してもらい、同時に5段階の人気投票にかけた。
約70ヵ国からおよそ4万件もの応募があり、
英マンチェスターの精神科医の応募作品が、栄えある一位を獲得した。

統計によると、イギリス・アイルランド・オーストラリアなどでは言葉の遊びが、
アメリカ、カナダでは他人の愚かな行為の話が、
他、欧州の多くでは現実離れした話が好まれていたらしい。

で、一位を獲得した作品を紹介!

=====================================ハンター2人が狩りに出たのだが、狩の最中、1人が木から転落。
仰天した連れが携帯電話で、『息がない』と救急センターに通報。
電話はすぐつながったが、パニック状態でしどろもどろの状態。
救急隊のオペレータが『落ち着いて。大丈夫。まずは生死の確認をして下さい。』と声をかける。
そして一瞬の静寂後、電話の向こうからオペレータの耳に1の銃声が・・・。
驚いたオペレータが『どうした?』と訊ねると、
ハンターが、『死んでる。これからどうしたらいいの?』とオペレータに聞き返した。
=====================================

う〜〜ん、これが外国人には面白いネタみたいだけど、
少なくとも僕は笑えなかったなぁ。(苦笑)
確かにブラックユーモアなんだけど・・・・。(^^;

やはり、外国人との文化の違いなのかねぇ〜?



さ、寝るか。
2002年10月4日(金) No.405

ZOO!(その1)
今日は恒例のミニOFFだったのだが、場所はなんと上野動物園。(笑)
普段も動物好きで(ん?)自然に易しい・・じゃなくて、優しい僕は、
複雑な気持ち・・・いや、期待に胸を膨らませつつ、上野へ向かった。

参加者は、森田さん、kuzuさん(途中で合流)、とりっぴぃさん、
いっし〜さん、神楽坂さん、ヌルさん、真冬さん、ヒムさん、そして僕。
いつもの如く定時集合にはならず、動物園に入ったのは1時をまわっていたが、
そういうことは全く気にしないのもいつもの如し。(爆)
さ、動物に触れ合うぞ〜!(アレルギーなので触れないとかいうのは置いといて。)


動物園でまず僕達を迎えてくれたのは、なんとキジ!
そう、桃太郎になけなしの餌でつられ、半ば強引に危険な鬼退治へ連れ出されたあのキジだ!
(先日のOFFで名物料理にもなってたなぁ。)

いきなりキジで驚かされたというのに、その後パンダの舎に入るまでずっと鳥ばかりで、
ここは鳥園かと勘違いしてしまうほどだった。
なんか、この先も鳥と大型動物以外見てない気がするなぁ〜〜〜。

次は、この動物園のメインであるパンダの舎。
だというのに、どのパンダもやる気がない・・・・。(死)
出口の近くにいたパンダなんか暑さのせいで、まるで貞子のようなカッコ・・・。


(提供:とりっぴぃさん)


なんだかなぁ・・・。

次はゴリラと虎。(なんの関係があるんだ・・・)
虎は後姿しか見えなかったが、ゴリラは何とか見ることが出来た。
しかし、そのゴリラの名前がなんと「ピーコ」。(笑)
やはりこいつもオカマなのかな?(爆)
「おすぎ」と揃えば最強コンビになるのになぁ・・・・。

次は・・・・というところで、何人かとはぐれてしまった。
うちらが先に来てるんだろうということで、とりあえずジュースを買い休憩。
しかし、ここで事件が起こった!
なんと、突然飛来してきた蜂が人のジュースを勝手に飲み始めたのだ!
スズメバチのような凶暴な蜂ではないにしろ、やはり怖いので手は出せず、
しょうがないからそのジュースを蜂にプレゼントした。
蜂よ、感謝せいよ〜〜!
2002年10月5日(土) No.403

ZOO!(その2)
しばらくマッタリしていたのだが、
他のメンバーはもう先に進んでることが判明。慌てて後を追いかけた。
ここにはペンギンがいたのだが、これもまたやる気がなく、
バタフライのような不自然なカッコで寝そべっていた。

ここで他の仲間と合流。ここの北極グマは動きがまるでロボットのようで、
何度も何度も同じ動きを繰り返していた。

その後、徒歩で「ふれあい広場」に向かった。
ここではヤギやらが野放しにされており、
動物に触れ合えるという何とも心和む場所なのだが、
なんと動物たちがそこらで排泄してるではないか!
心和むどころか、なんだか少しブルーに・・・。

その後、この園のラストを飾る「爬虫・両生類展」へ。
ここには名前の通り鰐やら蛇やら亀やら蛙やらが盛り沢山!
しかし、やはりみんなサービス精神はイマイチで、
みんな檻の奥の方でひっそりと眠ってばかり・・・。
もうちょっと動こうよ!皆さん!

その後再びマッタリした後、不忍池を眺めつつ出口へと向かった。

こんなに動物少なかったっけ〜?
もっと色々な種類のが沢山いたと思うんだけどなぁ〜。
上にも書いたけど、鳥ばっか見てた気がするよ〜〜。

ただ、鳥の中で1羽、面白い鳴き方をするものがいた。
「タラ ラッラッラッラッラッラッ・・・」

そう、なんとDQ4の「街」のフレーズを歌っていたのだ!
みんな「違うよ〜!」と全く信じてくれなかったが、音程も合ってたぞ!

動物園を出ると、西郷隆盛の像が僕達を出迎えてくれた。
ここでしばらくマッタリした後、駅へ向かった。
ここで神楽坂さんとお別れ。今日はお疲れ様でしたぁ〜

その後、まだ4時過ぎだけど近くの居酒屋に入った。
ここで、8時過ぎまで延々と呑み。
途中でしまっぺさんとらいこさんも加わったので、計10人に!

8人席を10人という何ともスゴイ状況で、
今回の主役Tさんの活躍ぶりをはじめ、 何ともいえないテンションで進んだので、
最後まで楽しめた♪

8:20くらいに店を出て、さてこれから2次会だ〜!という雰囲気だったのだが、
途中、電話が入り、僕だけ先に帰宅した。

また機会があれば是非ワイワイ楽しみましょう〜!
2002年10月6日(日) No.404

そして北海道へ・・・
明日から北海道!
(16日までレスなんかが出来なくなりますが、ご了承下さい〜。)
といっても19時発の寝台特急に乗っていくので、実際に着くのは明後日だけど。(笑)

この時期はもう寒いんだろうなぁ・・・。
田舎が北海道のくせに、実は秋・冬には一度も行ったことなかったんだよね。
だから、寒い(涼しい)北海道は初体験!(笑)
まぁ、東京の春初頭くらいの気温みたいだからそんなでもないけど。

PCがいじれないのはかなり痛いけど、
まぁ、せっかくだし色々と自然なんかを満喫してくるとするかな。(笑)
美味しいものも沢山食えるし♪

さ、そろそろ寝るかな〜。(多分)
2002年10月8日(火) No.402

いざ北海道へ!(上野−仙台くらい)
19:03初の寝台特急「北斗星3号」に乗って上野を出発。
いよいよ北海道へ向かって出発だぁ〜!

到着(札幌)は翌10日の11:07。
時間にして、16時間4分・・・。(笑)
これからの長い旅、何して過ごせばいいのか、かなり心配だった。

寝台は5号車の12番(上)。
11(上)がうちの親父で、母親は5番(下)と、ちょっと離れる。
しかし、親父が6号車にある休憩室の一角を占領し、席ではなくこの休憩室でずっと過ごした。

風景といっても辺りは真っ暗で、
東京近郊を過ぎると、もう見るものもなくなってしまった。
仕方ないので、漫画を読んだりダベったり時刻表をみたりと、
夜11時までまったりと時間を過ごした。

そして11時に、ようやく就寝。
っていっても、揺れて全然ねつけなかったけどね。
2002年10月9日(水) No.401

北海道到着!(−函館−札幌−豊幌)
朝4:26。 ふとトイレに目覚め、 そのせいで目がさえてしまった。
6時頃にようやく眠気がきた所をいきなり電話が!
同じく早く目覚め暇してる親父からだった。
なのので親父のいる休憩室へ。(朝からまた占領。)

しばらくすると母親も起きてきたので、そこで軽く朝食。
そして急に眠気が襲い、10:30頃まで眠りについた。

そして11:07に到着。

ホームに降りると、札幌の叔父さんが迎えに来ていた。
普段の日なので、叔父さんは今日も仕事なのだが、
休暇をとってまで迎えに来てくれた。

その後札幌駅の地下街に行き、 本場札幌ラーメンを堪能!
やはり本場は違うねぇ〜。
あっという間にたいらげてしまった。

店を出ると叔父さん宅まで電車で移動し、30分ほどで到着。
駅を降りると、叔母さんが車で迎えに来ていた。
早速車に乗り、叔父さん宅へ。

叔父宅には僕は1度来ていたが、両親は初めて。
すると突然、一匹の子犬が激しくお出迎え。
人一倍人懐っこいこの犬は、1年半前にやってきたそうだが、
人見知りという言葉を知らないらしい。


平日ともあって、他の家族(従兄弟)はまだ学校だった。
それまでマッタリ時を過ごした。

2時頃になり、長女のSが帰宅。
中3くらいの時に会ったきりだったので、
あまりの変貌ぶりに・・・と思ったが、 そうでもなかった。

Sを交え、みんなで昔のホームビデオ鑑賞会に。
う〜ん、こういうもんはやはりはずかしー。

しばらくすると、弟(長男)のYが帰宅。 こいつが一番かわった。
前に会ったのが11歳の頃だったので、恐ろしい変貌振りだった。

その後、次男のTも帰宅。
なんもかわっとらんなぁ〜。(苦笑)
5〜6歳の頃のまま、ただ身長が伸びただけって感じ。(笑)

その後、夕食を取った後、叔父さんのPCでネットと思ったが、
相当不安定だったのでカスタマイズ。(笑)
これでだいぶ快適なマシンになった。

その後、とりあえず勝手にICQを入れ、
サラまま、ヌルさん、いっし〜さんと話した。(笑)

9時半までやっていたが、 両親とも早々と寝始めたので、僕も就寝。

長・・・くもない一日は終わった。
2002年10月10日(木) No.400

祖父母宅へ (豊幌−岩見沢−遠軽)
6時前に目覚め居間にいくと、子供連中(長男・次男)以外は全員起きていた。
はやいなぁ・・・。

その後、7時半頃まで子供連中は起きてこなかったが、
それまでテレビを観ながらマッタリ。(浜崎あゆみが生で出てたな)

しかし、犬のせいか鼻炎が発症。
何くわぬ顔で走り回ってる犬に腹を立てつつも、
薬を飲んでとりあえず事無きを得た。

しかし後日、これは犬のせいじゃないことが判明。
どうやら気温の変化が原因らしい・・・。

ごめんね!犬!

8時前に子供達が学校に行き、
支度をすませ、10時頃に僕達も出発。
今日は祖父母の家にいくのだ。

叔父さんに岩見沢駅まで送ってもらい、そこから遠軽まで向かった。
(10:10発 JR特急オホーツク3号)
それにしても、やはり北海道って広いねぇ。
同じ道内なのに、この区間で220kmもある・・・。

13:17に、遠軽に着。
ここからタクシーで祖父母宅に向かった。

ここは相変わらず何も変わってないなぁ〜。(笑)
祖父は腰を痛めてちょっと体が不自由だけど、
相変わらず二人とも元気だった。

昼食は、とりあえず焼肉!
北見に住む叔父さんが牛肉加工会社に勤めてるのでいつも肉は豊富なのだ!
それと、庭で採れたじゃがいもとかぼちゃの煮物も合わせ、なんだか豪華!

しかし、しばらくたって異変が・・・。
あれ?肉が焼けないぞ??

!!

停電してた・・・・。(爆)
TVが消えたからおかしいとは思ったけど、
昼間なので気付かなかったのだ。(笑)


6時頃、僕達がきたのを聞きつけ、親戚夫婦がやってきた。
北見の叔父さん親子も加わり、 宴会がはじまった。
しかし、あれ以来料理は全く出ておらず、
叔父さんが「俺達への振る舞いはイモだけかよ〜」と愚痴をこぼしていた。
これも全て停電が悪いのです!我慢しましょう!(爆)

この叔父さんは僕のことを随分可愛がってくれて、
いつも叔父さんに会いにいってるような感じなのだ。
いつもからかわれてるのだが、4年ぶりに会ってもまた同じ。(笑)
こういうのっていいよね〜〜〜。
けど、酒癖悪い。(爆)

その後0時過ぎまでドンちゃん騒ぎ。
布団に入ったのは1時ぐらいだった・・・・。
2002年10月11日(金) No.399

金婚式のお祝い! (遠軽−佐呂間)
9時頃起床。 この旅で一番の寝坊。
今日は佐呂間のホテルで、祖父母の金婚式のお祝い。

起きると、今回の幹事である叔父さん(北見)が色々と配をしていた。
と思ったら叔父さんが僕のもとにやってきて、
「う〜ん、一仕事したから疲れた。こーゆー時は冷たいものでも飲みたいなぁ」
と、ささやいてきた。 そう、ビールの催促である。(笑)
うちの親父の命令で、冷凍庫に入っていて形が変形したビールを持っていった。
(案の定、開けた途端にスパーク!(爆))

と、この間に叔父さんの更に弟にあたる、
ハッカの販売している叔父さん一家が到着。
親父の従兄弟の色黒な叔父さんも到着し、
うちだけで10人近くになった。

1時半になると、叔父さんが急に「行くぞ!」と僕を連れ出した。
送迎バスを迎えに(変な話だなぁ)国道まで行くらしい。

しかし、待てどもいっこうにこない・・・。
それまで道路で時間をつぶしていたのだが、
叔父さんは何度も親父ギャグを連発してくる・・・。

13:55くらいにようやく到着し、すぐに出発。
30分くらい走ると急に停車し、 祖母の兄弟の家族も参加。

3時くらいにようやくホテルに到着。
ここで祖母の兄弟の家系がまた増加し、
結局合計30人ほどになってしまった。(笑)

このホテルは佐呂間湖のほとりにあり、窓一面湖が広がった。
これは壮観!う〜ん、来て良かったぁ。

着いたや否や、ハッカの叔父さんと共に温泉へ。
露天風呂なんかもあり、まさに極楽気分!

しかし、北海道に来て気付いたことが、
なぜかてんとう虫が多いこと・・・・。
これは異常だぞ〜〜。(死)
もちろん、風呂にも沢山てんとう虫が浮いていた・・・・。(泣)

6時過ぎになり、パーティが始まった。
しかしうちらはパーティという柄ではないので、 ただの宴会だったけど。(笑)

宴会場の横に小さなゲーセンがあり、
そこにマリオがあったので、久々にプレイ!
何とかクリアできたよ。(笑)

色々やってる内に皆客間に戻り、2次会がはじまった。
しかし僕は急に眠気に襲われ、一時ダウン!(死)
その後目覚めたらまだやっていたので再び加わり、
結局2時頃就寝。

この日は幕を閉じた。
2002年10月12日(土) No.398

マッタリと呑み会! (佐呂間−遠軽)
もう朝食だというので、朝6時に起床。(死)
全然寝てないよ・・。

なぜそんなに急ぐのかよく解らないのだが、8:30にはホテルを出発。
ここで、途中で合流した皆さんとはお別れ。
色々と楽しかったです。ありがとう!

再びバスで今度は親戚の家に寄らずに直接家へ。
そのせいか、9時過ぎにはもう着いてしまった。(笑)
ここからまた呑み会をやるらしい・・・。

ふと冷蔵庫を見ると、昨日誰かさんが飲んじゃったせいで、ビールが殆どなかった。
なので仕方なく被疑者である叔父さんと買出しへ出かけた。
というか、なんで僕まで・・・。(死)

買出しには5つ上の親戚の兄ちゃんもついてきたのだが、
なぜか店でガンダムのプラモを購入。(笑)
しかもプラモ屋とかにあるやつじゃなく、\200くらいのオモチャ菓子。(苦笑)
さすがに横にいてちょっと恥ずかしかった・・・。(爆)

買出しも終わり、そこから飲み会へ。
といってもまだ10時過ぎなんだよね・・・。(笑)
ここからは延々を同じ光景が続くので、何も書くことないなぁ〜。

途中あまりにも暇なので2階で子供たちと戯れていた。
しかし子供達はヒーローごっこを始めたので、すぐに退散。(死)
そしたら隣では従兄弟たちがゾイド(?)のプラモを作っていた。
プラモはよく作ったけど、さすがに今はねぇ・・・。(笑)

仕方ないので、隅の方で虚しく和声学の勉強。
なぜかものすごく捗ったなぁ〜。(笑)

こんなのが夜更けまで続き、もう10時になっていた。
と、ここで北見の叔父さんが帰宅。
もう滞在まで僅かなので、ここでお別れだ。
やはり別れってのは寂しいもんだねぇ。
叔父さんもこういうのは嫌らしく、見送りは僕だけでそそくさと帰ってしまった。

その後、ハッカの叔父さん一家も帰宅。
沢山忘れ物をして帰っていったが、
叔父さんとは月末にまた会えるのであまり寂しくはなかった。(笑)

叔父さん、来年もまたくるからね〜!

結局残ったのは、うちらと祖父母と、札幌の一家だけ。
そして11時になり、眠気が襲ってきたのでとっとと就寝。
今日はおつかれさまでした〜。
2002年10月13日(日) No.397

あわただしい1日(遠軽−若佐−佐呂間ー遠軽)
この日は7時過ぎに起床。
札幌一家も今日帰ってしまうのだ。(あとで会えたけどね。)

とりあえず飯やらを済ませ、11時くらいに帰っていった。
みんな、色々あったけどとても楽しかったよ〜♪
また行くからね〜〜〜。(^^)

そしてうちらは、腰が痛いという祖父を残し親戚の家へ。
祖父の弟にあたる人だ。
うちらの親戚では一番綺麗な家じゃないかな〜?(笑)
なんとも立派なお屋敷だった。
帰省の挨拶やらを済ませ、とっとと退散。
次は、12日にバスで寄った、祖母の兄の家へ。

ここはなんと牧場で、牛・馬・ロバ・鳥・犬・猫・てんとう虫(?)などなど・・・
沢山の動物たちが迎えてくれた。
先日に行った某動物園なんかより全然皆やる気あったねぇ。(笑)
ガチョウに指をかまれそうになったよ。(爆)

その後おじさんが、「そこの木に梨生えてるからもってけ〜」と、すぐ隣にある木を指差した。
なんと、天然の梨狩りだ!(笑)
ここで天然らしいイビツな形の梨を20個ほど狩り、この天然動物園をあとにした。(笑)

おじさん、梨美味かったよ〜!

そして、東京へのお土産を近くの店で買い、やっと帰宅。
その後遅い昼食をとり、しばらくマッタリタイム。(笑)

17:30過ぎに親父が、「迎えに行くからついてこ〜い!」と声をかけてきた。
そう、今日は黒い叔父さん(爆)に車を借りていたのだ。
なので仕事場まで迎えに行き、うちでまた宴会。(笑)
結局叔父さんは歩いて家まで来たので無駄足になっちゃったけどね。(苦笑)

そして0時過ぎに就寝。
北海道での最後の夜(明日の列車内はおいといて)は幕を閉じた。
2002年10月14日(月) No.396

さらば北海道! (遠軽−札幌−函館〜)
いよいよ最終日。
この日はちょっと寝坊し、8:30頃に目覚めた。

もう、祖父母ともお別れだ。
やはり別れは寂しいね・・・。
駅まで見送りに来てくれると言っていたのだが、
祖父の腰も悪化しているみたいなのでこれを断り、タクシーを呼んで駅まで向かうことにした。

たった一週間だけど、本当にお世話になりました〜!
これからも元気でやってね〜。(^^)
そして、10:00過ぎにタクシーが来て、いよいよここでお別れ。
本当にありがとう〜〜!

10:30に、駅前にある病院に到着。
ここに親戚が入院しているので、最後に見舞うことになった。
心臓が悪いみたいだけど、すごく元気で安心した。
これで、心置きなく東京にもどれるね。

11:15。
駅に電車が到着し、これで札幌まで向かった。
到着が15:00前なので、4時間くらいだね。
やはり北海道は広いなぁ〜〜〜。

しかし、なんと車内で急に風邪の兆候が・・・。(死)
慌てて風邪薬を飲んでここでは事無きを得たが、
これが後に影響することはいうまでもないね・・。(苦笑)

15:00くらいに札幌に到着。
到着したときはまだ咳とかが出る程度だったが、次第に悪化・・・。
札幌の一家が見送りに来てくれたのだが、途中入ったラーメン屋でダウン!(死)
出発まで地獄のような苦しみを味わった・・・・。

そして17:12になり、ようやく出発の時間がきた。
かけつけてくれた一家に別れを告げ、とっとと布団に入った・・・。
まったく、せっかくの旅行が台無しだよ〜〜!(死)

この後そのまま寝てしまい、今日はおしまい。
何ともアホな幕切れだった・・・・。


さらば!北海道〜〜〜!
2002年10月15日(火) No.395

到着! (〜上野−蒲田)
7時頃に目がさめたがまだ具合は全然よくならず、到着ギリギリまで床にいた。
このときに風邪薬を飲んだのでなんとか着くころにはおちついてきたが、
咳と鼻水が相変わらずすごく、シャレにならないほどだった・・・。

本当は9:35に到着するはずだったのだが、
夜に岩手あたりで落雷があり、15分ほど停車していたらしい。
そんなこと、寝てたのでま〜ったく気付かなかったけどね。(笑)

そして10:00過ぎにようやく到着。
京浜東北でそのまま最寄駅まで行き、タクシーで家まで向かった。

そして、ようやく到着!
ん〜〜!おつかれさん〜〜!(爆)

なんやかんや色々あったけど、やはり行って良かった。
来年もまた絶対に行くぞ〜〜!

と、早速掲示板に書こうと思ったのだが、なんとWin2kが原因不明のクラッシュ!
このままこれを書いている22日現在まで直ることはなく、仕方なくメインが98に代わった・・・。

風邪にクラッシュに、なんなのもう!!???


という訳で、波瀾に満ちた北海道の旅は、散々なオチをつけて幕を閉じたのだった・・・・。(死)
2002年10月16日(水) No.394

CDプレイヤー
なんだかご無沙汰してしまいました。
16日の午前中にはもう東京に帰ってたんだけど、
15日から風邪でダウンし、電車で養生してなんとか治ったと思ったら、
今度は帰ってきた途端に、Win2000が原因不明のフリーズ・・・。(死)
(ハードディスク(Win2kのパーティションのみ)が壊れたみたいだけど・・・)
しかも、風邪がまたぶりかえし、咳が止まらず・・・。(泣)

ココ一週間はホント最悪だったよ・・・。(死)


と思ったら、何ともハッピ〜な出来事が!
とある雑誌の懸賞に手紙を出していたのだが、今回、見事当選!
16日の日に、CDプレイヤーが当たったと連絡が来ていたのだ!

で、今日品物が届いて2度ビックリ!
どうせ安物のポータブルかなんかだろう・・・とか思っていたのだが、
なんと、定価\31,000(01年製)のONKYOのCDプレイヤーだった!!

ONKYO のC-724AX(N)ってやつなのだが、
よーするに、本格仕様のCDプレイヤーだ。(笑)

しかし、うちにはアンプもなければ、
このCDをまともに再生出来るスピーカもない・・・・。

途方にくれていた所、あることを思い出した・・・。

「あのイヤフォンが使えるじゃん!」

あのイヤフォンとは、ETYMOTIC RESEARCH社のER-4Sのことである。
\40,000近くもする、常識外れの高音質イヤフォンだ。(笑)

さっそくこれを付けて聴いてみた。すると・・・・。

「感無量!」(電波少年のナレータの声で)

このイヤフォンの性能をいかんなく発揮してくれていて、
何ともすばらしい音を提供してくれた!

う〜〜ん、神様!運をありがとう!(爆)
2002年10月19日(土) No.393

タンニン
最近咳が止まらなくて困ってたんだけど、紅茶を飲んでるとかなり和らぐ。
紅茶のタンニンは風邪に効くっていうけど、ホントだなぁ〜〜。(笑)

「勇者の故郷〜馬車のマーチ」が全然進まん・・・・。(死)
気休めに作ってた「王宮のトランペット」の方が順調で、
勇者〜の方は全然手付かず状態・・・・。(苦笑)
といっても、王宮〜の方もAの部分までしか出来てないんだけどね。(爆)

最近スランプが続くなぁ・・・・。
2002年10月21日(月) No.392

メインとしては・・・
やっと北海道旅行の日記が書き終わった!(笑)
う〜〜ん、こう改めて見てみると、ホントに色々あったなぁ〜〜。(爆)

Win2kがクラッシュして以来98で作業をしているのだが、
怪我の功名というか、一つメリットが!(笑)

Gigaを面倒なことなく使える〜〜〜!(笑)
まぁ、とはいってもさすがにネットしながらとかはあまり出来ないけど、
知らぬ間に、Gigaをサブとして色々と使ってた。(笑)

木管はともかくやはり弦のサンプル(Dan Dean)は、それだけじゃちょっと使えないね〜。(苦笑)
Vc.なんかはそのままでも結構いけるんだけど、Vlnなんかは論外・・・。(死)
音の増強に使うのがやっとかな?

う〜〜ん、やはりサンプラーを活かすのはなかなか難しいねぇ〜〜。
2002年10月22日(火) No.391

Tromba in Do
やっと「王宮のトランペット」のB(2度目のA)まで完成!
あとはトリオと最後を作れば完成だぁ〜〜。

という訳で、一足先に公開!(笑)
是非聴いてみてね〜〜〜!(感想を下さると嬉しいです〜♪)

今回、本当に細かく打ち込んだ。(笑)
弦に関してはなかなかの出来に仕上がったと思う。(^^)
LPFとアタックを中心に、音符毎に細かく音を変えている。
「街でのひととき」でも結構動かしたけど、今回は全てのパートに全力投球してるから、
今までとは格段に違う出来に仕上がった!(^^)

ただ、やはりTrp がどうしても上手くいかない・・・・。
ただでさえC管の表現は難しいのに、参考にしてるN響のやつはこれまた全然異なる音質なのだ。
雰囲気的には、柔らかいHrn のゲシュトップって感じかなぁ?
MUのフィルタやEGだけじゃ、再現はかなり難しいと思う。

けど、サンプラーでC管のものなんてあるのかなぁ?
サンプラーだとフィルタやエンベローブがかなり面倒になるから嫌なんだよね〜。(苦笑)
フリーズやらの、要らぬ心配までしなきゃならないし・・・。(死)

う〜〜ん、なんか良い解決策はないもんかねぇ・・・。(^^;
2002年10月24日(木) No.390

ぐげげ!!
なんと、うちのPCのHDDがウィルスにやられてしまった・・・。(死)

多分これ↓
【W32.Whiter.Trojan】
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.whiter.trojan.html

今、何とかしてデータを復元出来ないかと、親のPCで試行錯誤・・・。
う〜〜ん、こりゃ難しそうだなぁ〜〜。(苦笑)

せめて、「王宮のトランペット」のデータだけでも直ってくれ〜〜!(死)


という訳で、これからまた復旧作業に入ります。(死)
当分更新等出来ませんが、ご了承ください〜。
2002年10月27日(日) No.389

ふう
ようやく復旧の方も一段落。(メインの方はまだだけど。)
気分転換に、1から曲でも作ってみるかな〜〜。

う〜〜ん、書くことがない。(爆)
という訳で今日はおやすみなさい〜
2002年10月28日(月) No.388

WindowsXP
XPを使うようになって3〜4日経つけど、思ったより使いやすいなぁ〜〜。
デザインによるパフォーマンスの低下も、
クラシックスタイルにしたりちょこちょこ設定をいじってやると、
Win2kと殆ど変わらないほどになってくれる。
特に、Nuendoなんかはこっちの方がパフォーマンスが安定してる気がする。
メモリが2kの時の半分くらいしかないのに、
長時間大容量データを扱っていてもパフォーマンスの落ちはあまり感じられない。

う〜〜ん、この際いっそこっちに乗り換えちゃうかな〜〜。(笑)
2002年10月29日(火) No.387

高音質エンコードに挑戦!
あのCDプレイヤーでPCに曲を録音し、MP3を作ってみた。
題材は「トルネコの大冒険」のCDから「トルネコのテーマ」。

このCDは、説明にも書いた通り元々録音状態が良かったらしく、
すごくクリアで繊細な音になっているのだが、
それがMP3でどこまで活かせるかというのが大きな課題。

録音のフローチャートはこんな感じ。

ONKYO C-724AX(N) (CDプレイヤー)

Steinberg Nuendo [録音]
 24bit 88,200Hz Stereoで録音。
オーディオカード:M-AUDIO Audiophile2496
ケーブル:MONSTER CABLE BIL200-1M

Steinberg Nuendo [編集]
 基本な設定のみ。
DC Offset、Fade-in/out など。

Steinberg Nuendo [書き出し]
16bit 44,100Hz StereoのWavに変換。

Steinberg Nuendo [エンコード]
128kbps 44,100Hz Stereo (High)でエンコード。

完了。

という流れ。

まず驚いたのが、88kHzで録音した時点での音質!
今まで使ってたプレイヤーとは比べものにならないほどの
すごいダイナミックレンジで、
Cb.のソロなんかは本当に音の繊細な部分まで再現してくれているという感じだった。

しかし問題はここから。
最終的にMP3にするにはWavの時点で16bit 44kHzにしないとならない。
なのでここでは、High Samplingの手法で出来るだけ劣化させずに変換させた。
この時点でも大成功!
よく聴き比べないと解らないほどのレベルにすることができた。

最後はMP3へのエンコード。
色々とMP3エンコードのソフトやらはあるけど、
Nuendoにもこの機能は付いているので、せっかくだからこれでやることにした。
Nuendoのオーディオエンジンがここでも活かされるのかは解らないけど、
これならいい音質でエンコードしてくれそうだし。(笑)

結果は無論大成功!
88kHzの録音を聴いていない人には、これがMP3かすら解らないほどの音質にすることが出来た!
これは久々の収穫だよ〜〜♪(笑)

みんなにも聴いてもらいたいけどさすがにこれをアップする訳にはいかないので、
もし興味があれば、是非試してみてね〜〜〜♪
2002年10月30日(水) No.386

ロトのテーマ
ロトのテーマのピッチベンド値の計算法が間違っていたことに気付き、
全てやりなおした・・・。(死)
めんどかったけど、本当に純正な響きになってくれたよ〜〜!

是非きいてみてね〜!
2002年10月31日(木) No.385




→ 掲示板・チャット・日記帳の無料レンタル ←


チャットジャンキーズ→理想の出会いココから←超ぉ〜お得なIP電話





[日記管理用] [TOP] [HOME]
shiromuku(cr3)DIARYS version 1.10
CGIレンタル[Net4u]