2003年10月の日記


なんじゃこれは!
再度Upした「ロトのテーマ」だけど、
聴いてみるとスネアの音がメチャクチャ変じゃないか!(死)

シーケンサで確認してみたらなんと、SysExの設定が丸々無視されてた・・・。
そりゃそうだ・・・。前まで何故かB10でやってたのをそのままコピーしたからなぁ・・・。

他にも色々問題点があるのでもう一度やり直しだな・・・。(泣)


そうそう、忘れてたけど、剣神のこと書いてなかった。

これ、最初は子供がやるもんだ!とバカにしてたんだけど、
やってみるとかなり面白い。(笑)

敵の動きも一定じゃなくてかなりリアルだし、
かなり頭を使わないと倒すことが出来ない敵なんかも沢山いるんだよね。

あと、ただ剣を振るだけじゃなくてちゃんとストーリーもあって、
(DQ1とほぼ同じストーリー。)
DQの世界を本当に自分が体験してるような気分になれるのだ。

これはホントにオススメ!
みんなも是非やってみませう〜〜〜♪


PS
スライム100匹斬り、46:20以上が出せん!!
2003年10月3日(金) No.46

なんか、久々の日記だなぁ・・・。(爆)

長いことDQ音楽のファンをやってきたが、
不覚なことに、今の今までこの事実に気付かなかったのだ・・・。












DQ5「戦火を交えて」&「高貴なるレクイエム」
作品コード:011-8811-9 & 011-8814-3)
データ形式:MIDI(MU500以上) *MSGSでも聴けるので、何でもOKでしょう(笑)

そう、戦火を交えてのホルンの対旋律は、
実は高貴なるレクイエムがモチーフだったのですよ!
(あと、不死身の敵に挑むの途中にもあります。)

むむむ〜!不覚〜!!
特にこの曲は沢山聴いてきたというのに・・・!!(爆)

・・・。
こーゆー発見があるから、面白いよね〜〜。(強引だなぁ。)
2003年10月27日(月) No.45

やったね!
ついに、DQ5のリメイク発表!!

いやぁ、4の時も待ち望んでたけど、それ以上に嬉しいねぇ〜!
しかもハードはPS2ですか! DQでは初だよね。(^^)

グラフィックもそうだけど、音楽がどれだけパワーアップするか楽しみ♪
サウンドデザインはまた多和田さんかな?
4と殆ど同じみたいだし、多分そうだと思うけど。

というか、今回の5の音楽開発、手伝いたいよ〜。(爆)


う〜ん、来春まで待てないなぁ。(笑)


最近、MIDIが進まない・・。
「木洩れ日の中で」は殆ど手付かずだし・・・。(^^;

気分転換に、MIDI音源だけで5の曲でも作ってみるかな〜。(笑)
サンプラーを使っての作業は、やっぱりシンドイのよ。(死)

んー、何を作るかなぁ。
2003年10月29日(水) No.44

オーケストレーションは楽しいなー。
前々回の日記で作った「戦火を交えて」が結構良い出来だったので、
またTG-300Bあたりで挑戦してみようと、早速始めてみた。

これは一昨年辺りにも耳コピで作ったんだけど、
かなりおかしい部分が見られたので、 1から作り直すことに。

改めてCDを聴いてみてかなり驚いたのが、中盤前のTuttiでのアタック。
木管は分散和音の上下行だと思ってたんだけど、
一部、金管と同じフレーズをやってるみたいなのだ。

ここの分散和音は一番下の音から辿ると4oct.もあるので、
木管の5種(Fl.Otto.Ob.Cl.Fg.)を割り振ってやるんだけど、
今まではちゃんと5つ使ってやっていた。

他の方のこの曲のMIDIをたまに聴くんだけど、
大抵の人がArpa一本でやってるか、Fl.で全音域を演奏させてたりする。
(オリジナルがそういう演奏だからまぁ仕方ないけどね。)

この曲ではOtto.の部分が特に重要なので、
一つの楽器でやったんでは、ここら辺の音量はだいぶ損なわれている。
だから、オケではこのように分散するのが一番良い手法なのだ。

しかし、上の例だと確かにC4〜C5の定義が曖昧になってしまう。
Fl.もOb.もこの音域じゃないと有効に扱えないので、
結局どちらかが休みにしなければならない。
更に、DQのオケは全て2管だからFl.とOtto.はともかく、
あとの楽器は全て2つづつと考えなくてはならない。
上のやつじゃ1つが精一杯なんだよね。

で、今回発見した金管のフレーズを交ぜて考えると、
Ob.は音質的に他の楽器との相槌は向いてない気がするので、
1,2共に金管のフレーズを当て、 あと、和音の数合わせ等からCl.2.もこちらに交ぜた。

これでかなり自然につながった。
各楽器共に1本づつなので音量がちょっと気になるのだが、
Otto.の部分以外はCDでもよく聴こえないし、
(しかし、あるとないとでは雰囲気がかなり違う。)
これにArpa.も足される訳だから、ここの重要度的には丁度良いと思う。

しかし、まさか金管のフレーズを木管も担当するとは思わなかったなー。(笑)
弦の長音符ならともかく・・・。
金管のヴォイシングも相当苦労したけど、こっちは何とかなった。


さて、問題は次からだなぁ〜。
2003年10月30日(木) No.43




→ 掲示板・チャット・日記帳の無料レンタル ←


チャットジャンキーズ→理想の出会いココから←超ぉ〜お得なIP電話





[日記管理用] [TOP] [HOME]
shiromuku(cr3)DIARYS version 1.10
CGIレンタル[Net4u]