第1話 音



(1) 倍音
(2) 音の種類
(3) 楽音の性質



(3)楽音の性質

音楽に使用される音は主に楽音と噪音です。
楽音は、高さ・強さ・音色の3要素から成り、その種類は限りなく多いものになっています。


高さ pitch 英 )

音として人間が聞き取れる振動数(周波数は)15~20,000Hz位で、
音楽では大体、30~4,000Hz位の範囲の音を使用しています。


強さ

強さ




振動の振幅が大きいほど音量を増し、
小さいほど音量が弱まります。


音色

発音体の材料や構造による倍音の含み方、発音の方法によって異なります。
個々の楽器の持つ音色は変動する事がないので(機械等で操作する場合を除いて)
音色は絶対的性質であるといいます。
これに対し高さ・強さは対照を求めて判断するものである為、比較的性質、または相対的性質といいます。



第2話 音律へ (1)倍音へ (2)楽音の性質へ タイトルへ戻る