第4話 譜表



(1) 五線と加線
(2) ottava記号
(3) 音部と譜表



(1)五線と加線

五線は、音の相対的な高低を示すものとして15C頃から使われ、
加線は17C頃から使われました。
五線が平均律の記譜法として普及したのは18C頃からです。


五線と加線



(2) ottava (伊)記号

all'ottava  (伊)

加線が多すぎると読みづらくなるため、それを解決するためと、
記譜の際の手間を省く目的で、ottava記号を用いる事があります。

オッターヴァ記号

記譜された音より
1oct高く奏する事を
all'ottava alta (伊)といい、
反対に1oct低く奏する事を、
all'ottava bassa (伊)といいます。

altaは、「高い」を表す意味で、
他に、 ottaba sopra (伊)などがあります。

低い方ではbassaの他に、
ottaba sotto (伊)などがあります。
ちなみにsottoは、「低い」を表す意味です。



coll'ottava  (伊)

コロッターヴァ記号



記譜された音と、
1oct高い音を同時に奏する事を
coll'ottava alta (伊)といいます。

反対に1oct低い音を同時に奏する事を、
coll'ottava bassa (伊)といいます。




loco  (伊)(「所、場所」の意)

上の二つの記号で指示されたものを
記譜された通りに戻して演奏することを指します。
これは注意を喚起する為に使うもので、
まぎらわしく誤読される恐れがある場合のみに使用します。

ロコの使用法





(3)音部記号と譜表

五線の音を、絶対的な高さとして示す為に使われる記号を音部記号 clef 英 仏)といい、
音部記号が五線に記入されたものを譜表 staff 英 )といいます。


ト音記号とヘ音記号 ハ音記号


音部記号は、楽曲の途中で変更される事がしばしばあります。
小節の途中での変更は、変更される部分から少し小さめに自由に書き込まれますが、
小節の変わり目や段の変わり目の変更は、変更される前の小節の最後に予告されます。

音部記号の変更



*大譜表 great staff 英 )

Violin譜表とBass譜表などを下図のような括弧で囲ったものを、大譜表といいます。
これは、昔の11線譜と呼ばれるものを改良したものです。
広範囲にわたる音域を持ったHarpなどの楽器は { でくくり、
合唱や、前記以外の楽器などはでくくられます。

大譜表


これらを上手く組み合わせて、スコアなどを組んでいきます。



第5話:音名へ タイトルへ戻る