第18回ファミリークラシックコンサート
〜ドラゴンクエストの世界〜

★2004/8/10 東京池袋 東京芸術劇場にて★




今日は、まちにまったDQコンサート当日!

今回もまた、とても素晴らしかった。
コンサートでは初の「東京都交響楽団」の皆さんによる演奏だったんだけど、
演奏に関してはFC版3の時に1度「ファンタジアビデオ」
演奏を担当しているのでこれで2度目かな?
(実際は選抜メンバーによる「アレフガルド交響楽団」という楽団名だったけど・・・)

曲目は以下の通り。

ロトのテーマ
(お話)
まどろみの中で
王宮のロンド
(お話)
世界をまわる(街〜ジパング〜ピラミッド〜村)
ローリング・ダイス
(お話)
冒険の旅
ダンジョン〜塔〜幽霊船
戦いのとき

休憩

(お話)
回想
鎮魂歌〜ほこら
海を越えて
おおぞらをとぶ
ゾーマの城
戦闘のテーマ〜アレフガルドにて〜勇者の挑戦
そして伝説へ

で、感想だけど、まず第一印象として感じたのが「懐かしさ」だった。
同じ楽団だからかな?響きや雰囲気が似てるんだよねー。
「海を越えて」や「そして伝説へ」などは特にそうで、聴いてたらビデオの映像が浮かんできたくらい。(笑)
あと、ビデオに映ってた方がまだいたのも驚いたね〜。(笑)
音楽には第6感を呼び覚ます力があるというけど、まさにそんな感じかな?

演奏も僕好みで、力強い金管は特によかった。
席のせいで弦ばっか聴こえてたので木管がちょっと物足りなかったけどね・・・。(苦笑)
「王宮のロンド」「世界をまわる」「ダンジョン〜」「回想」
「海を越えて」「戦いのとき」「勇者の挑戦」「そして伝説へ」など、
今回は好印象の演奏が多く、かなり楽しめた。(^^)

あと、特に良かったのが、アンコールの「広い世界へ」(8)。
今までは新作の音楽となると初めて聴く曲だったんだけど、
今回は5のおまけディスクでこの曲を聴いているので、今までにないかなり新鮮な気持ちで聴くことができた。
しかもボリューム満点な内容だったし、もういうことないかな?(笑)
「淋しい村〜はめつの予感〜さびれた村」(5)もとてもよかった。
Fl.alto.使ってるのは知ってたけど、まさか淋しい村のメロディでFl.とa.2.だとは思わなかったよ・・・・。(笑)
僕としては、さびれた村のOb.がかなりお気に入り。(^^)

あともう1曲は「ドラゴンクエストVIII序曲」(8)。
イントロ・1回目・CodaがVIIで2回目が4の序曲という構成だけど、
これは今までの中で初めてのパターンだね。
4の序曲の部分がビデオと表現が似てたので、聴いた瞬間鳥肌が立ってしまった。(笑)


今回は本当によかった!
これからも都響の皆さんの演奏を聴けると思うと、嬉しくてしょうがない♪
次回は名古屋か〜。
セントラル愛知さんの演奏も今から楽しみだなぁ〜♪




スペアリブの体験談トップに戻る